HOME > 加賀魯山人弁当  NEWS一覧
« 金沢金箔 海鮮ちらし弁当メインのどぐろと香箱蟹弁当 »
魯山人魯山人
駅弁マーク [製造元]

株式会社高野商店

[電   話] 0761-72-3311

加賀魯山人弁当

種類

価格

1860円

路線

一口メモ

 美と食の大家「北大路魯山人」彼が、山代温泉逗留中に出会った九谷焼、山中塗がきっかけとなり、器と食に並々ならぬ興味を惹かれ、「器は料理の着物」という言葉を残します。  そんな魯山人ゆかりのお弁当を、名椀「一閑張日月椀」を北大路魯山人と共に創り出し、多くの器を手がけている辻石斎氏の監修の元、魯山人と石斎の交流で育まれた加賀の料理を山中漆器を使って駅弁風に仕上げました。大根のぜいたく煮や小茄子の田楽、鯛の琥珀揚げ、鮎の踊り焼き等、加賀と魯山人にまつわる食のエピソードを元に作成。山中塗の弁当箱は星岡茶寮で使われた瓢膳の柄を採用。この弁当箱は再利用でき、お菓子入れや小物入れにも使えます。